ビットコイン、仮想通貨取引所の開設方法

仮想通貨、ビットコインの購入するために必要な取引所の開設方法やビットコイン取引所の選び方を紹介しています。

 

ビットコインの購入におすすめの仮想通貨取引所としては下記の取引所をおすすめしています。

 

商品名1 商品名2

国内仮想通貨取引所ではビットコイン取引量NO1
ビットコインの取引は簡単でわかり易い
出資している会社も大手企業が多い

ビットコインの取引量も多い
取引ツールもわかり易く簡単に売買可能
手数料も安く、安心して取引できる

 

どちらの取引所も開設、アカウントが取りやすく、すぐにビットコインを取引することが可能です。

 

ここでは、ビットフライヤーの口座開設方法を紹介していきます。
まずは、上記のビットフライヤー公式ページから
・メールアドレス
・Facebookアカウント
・Yahoo ID
・Googleアカウント
で登録が可能です。

 

メールアドレスで登録する場合

こちらにメールアドレスを登録すれば
メールボックスにビットフライヤーからメールが届きます。
そのメールに
・キーワード
・bitFlyer ログイン用メールアドレス(登録メールアドレス)
・初回パスワード
が届きますので、ログイン用メールアドレスとパスワードをビットフライヤーのログイン画面で入力すればビットフライヤーにログインが出来ます。

 

ログインが出来れば、個人情報の入力と本人確認書類の提出です、普通なら郵送での自動車免許証や保健所、パスポートのコピーを郵送するのですが、ビットフライヤーでは、免許証などの写真をアップロードするだけで本人確認書類の提出が出来るので登録後すぐにアカウント開設が出来ます。

 

ビットフライヤーでここまで登録出来ればウォレットクラスになります。ウォレットクラスとトレードクラスにビットフライヤーではクラス分けされています。

 

ビットフライヤーでビットコインの購入や売買をするのであればトレードクラスへのアップが必要です。その為には、銀行口座の登録が必要になります。
銀行口座の登録をして承認されれば、トレードクラスになります。銀行口座の確認に数時間程掛かりますので、トレードクラスでビットコインの売買をする方は、すぐに銀行口座の登録を済ませてください。

 

トレードクラスの認証が出来れば、ビットフライヤーの取引所や販売所以外にもビットフライヤーFXの利用が可能になります。
ビットフライヤーFXなら預り金の3倍、5倍、10倍、15倍の売買が出来るので投資として資産を増やしたい方、ビットコインのデイトレード多短期売買をする方には、必要な口座登録です。

 

ビットフライヤーFXの利用方法は、ビットフライヤーのログイン画面から

 

サイドバーの赤○のbitFlyer LghtningをクリックすればビットフライヤーFX(bitFlyer Lghtning)にログインが可能です。
こちらに証拠金を移せば、ビットコインFXが可能になります。
bitFlyer Lghtningの画面の左上の3本線(メニュー)にカーソルを合わせてクリックしてください。

 

このような画面が出てくると思いますので、入出金を選びクリックしてください。

 

クリックしたら、下にスクロールして証拠金口座に預入れるに入金する金額を入力すれば証拠金口座にお金を移すことが出来ます。

 

次に、レバレッジの設定になります。またサイドバーのメニューから設定を選び
スクロールしてレバレッジの設定から
1倍、2倍、3倍、5倍、10倍、15倍の中から選べばレバレッジでの取引が可能になります。

 

普通、1日でアカウント登録から銀行口座の確認、承認、入金から証拠金口座への入金から取引までが可能になると思います。

 

仮想通貨やビットコインの取引、投資は加熱していると言われていますが、過熱しているからこそ投資対象として魅力もあると思います。
仮想通貨バブルが弾けるまでに少しでも資産を増やしてみませんか?

 

また、ビットコインは今後も普及していくと思われるのなら、ビットコインを買って持っているのもいいかもしれません。
仮想通貨が話題になってからまだ、日が浅いので、今後の動きも気になりますね!

 

まずは、仮想通貨、ビットコインの取引が出来るだけの準備をすることから始めてください。

 

ビットコイン取引をする際の注意点

ビットコインなど仮想通貨での取引にはリスクも付きまとう事は理解されていると思いますが、ここでビットコインFXでの注意点をまとめてみました。
ビットフライヤーでのビットコイン取引の際のリスクとして急激な値動きの際に売買注文が通りにくくなることが以前はよく起きました。
値動きの利幅を取る短期売買の際に急激な値下がりで大きな損失というリスクは付き物です。
例えば、どこかの国が仮想通貨の取引を禁止したというニュースや仮想通貨取引所の不祥事などの報道で大きな下落局面がありました。
このような場合に大きなレバレッジ取引されている際に、預り金以上の損失もあり得るという事です。
レバレッジ取引では強制決済などもあるので安心していると急激な値下がりで強制決済以上の損失なども起こりえます。

 

また、思っている価格での売買が出来ないケースもあります。
投資というものには、リスクは付き物ですが、売買ツールがシャットダウンしての損失は自分でコントロール出来ないので損失も大きくなることもあります。
自分の資産に合ったレバレッジでの取引は仮想通貨では原則だと言えます。大きく資産を増やした、仮想通貨で億り人になったなどの噂を聞いて、無理な売買をする方も見かけますが、大けがをすることもあるので、大きなレバレッジは控えましょう!